MENU

故障(ジャンク)した電子ピアノの処分方法!

電子ピアノにはヤマハ、ローランド、コルグなど様々なメーカーから発売されていますが、
どの電子ピアノも時が経つにつれて特定の鍵盤の音が出くなったり、スピーカーの雑音や異音などが混じったりしてきます。
このように故障(ジャンク)した電子ピアノはどのように処分する方法があるのでしょうか?

 

粗大ゴミとして処分する

役所が回収している粗大ごみとして処分するの一般的ですが、
こちらを利用して電子ピアノを処分する場合に料金が発生します。

 

価格は2,000円前後とそれほど大きな金額ではないのですが、
2階にある場合から運び出す場合や指定の場所にまで持って行けない場合には、
追加料金を支払うことで対応している地域もあるようです。

 

ただ、お住まいの地域によっては電子ピアノを粗大ごみの対象になっていない場合、
要するに処分できない場合があるので、まずはお住まいの役所に確認を取ってみる必要があります。

 

お金を払いたくないなら?

処分代をかけたくないなら専門の買取業者やリサイクルショップに依頼する方がいいでしょう。

 

ただ、こちらも故障した電子ピアノにはあまり値を付けたがらなかったり、
引き取り自体を嫌がったりする業者が多いのは事実です。

 

しかし、中にはこちらの買取業者のようにジャンク品でも構わないというところがあるので、
お金をかけたくないという人は連絡してみてもいいかもしれませんね。

 

▲▲▲ 故障した電子ピアノも引き取りOKな買取業者 ▲▲▲

 

電子ピアノの型番(品番)を入力すると査定金額を確認することができます。

 

最悪お金にならないかもしれませんが、査定は無料で1分ほどで完了しますし、
粗大ごみとして処分する場合には確実にマイナスになってしまいますが、
買取の場合は引き取り時も無料だったりするので、金額の確認をしてみた方が損しないと思いますよ。

 

 

このページの先頭へ
キム・ジ ョンウン