MENU

査定時に買取不可になるピアノ!

ピアノは子供が小さいときに購入するか、または知人・友人に譲り受けたりすることが多いので、
売ろうとする時には一定数の年月が経っていることが普通です。

 

当然長期間過ぎているので、傷やシミなどが当然付いており、
ペットなどいる家庭では引っ掻き傷やへこんでいる部分もあるかもしれません…
このピアノの状態で買取してもらえるのか不安になりますよね。

 

ようやく重い腰を上げて査定したのにに買取りできません!と言われるほど悲しいことはないので、
事前に買取不可になるピアノを確認していきましょう。

 

≪買取不可になるピアノと状態≫

 

30年以上経過したピアノ

ピアノの金額の有無は製造から30年を境に分かれると言われています。

 

ピアノは絶えず弦を張った状態になっているので、
使用頻度に関わらず消耗部品の経年劣化等が起こり、
この部品を定期的に交換する必要があるのがこのぐらいの時期と言われているので、
買取業者としてもこの辺りを目安にしているようです。

 

しかし、買取業者によっては30年以上経過したピアノで価値を付けてくれることがありますし、
最悪の場合でも引き取りを無料で行ってくれるところもあるので、
処分代をかえずにピアノをどうにかしたい場合は何軒も当たってみる方がいいでしょう。

 

面倒な場合は一括で買取比較をしてくれるサイトを利用するといいかもしれません。

 

 

塗装の剥がれ・大きな傷

ピアノの大部分塗装が剥がれていたり、目を覆うような大きな傷、巨人に体当たりされたかのようなへこみがある場合は買取不可になります。

 

では、一般的に過ごしていてできた傷はどうなのか?というと、
このような部分は≪中古ピアノ≫を買取する時点で業者も分かっているので、
査定額に一切響くことはありません。

 

また、大きな傷や塗装剥がれがあるので、
すべてのピアノが買取対象にはならないのか?というと、
やはりこの部分も買取業者によって判断が異なるので一度問い合わせてみるといいでしょう。

 

 

水害や火災など

水害や火災などに遭いピアノの内部に損傷があるピアノは買取することはほぼ不可能です。

 

水に浸かってしまったり、高温にさらされるとピアノの内部にある≪核≫となる部分が駄目になってしまうので、
ピアノの音を出すのも困難になってしまう為です。

 

ただ、このような場合も素人判断で処分するよりは、
一度買取業者に連絡をして、ピアノの状態を伝えてみるのが賢明でしょう。

 

買取業者によっては修理と販売を兼任して行っているところもあるので、
素人目にはダメだと思ったようなピアノでも修理・再販が可能だったりするので、
買取価格が付くことも珍しくありません。

 

また、処分することで数万と大きな金額がかかってしまいますが、
業者に依頼すると価格が付かなくても引き取りは無料でしてもらえることがほとんどなので、
結果として余計な費用が浮くことになります。

 

 

ですので、今回紹介した買取不可になるピアノ

  • 30年以上経過したピアノ
  • 塗装剥がれや大きな傷があるピアノ
  • 火災・水害に遭ったピアノ

 

こういった場合でも一度買取業者に相談してみるといいでしょう。

 

何社に一度に連絡したい場合はズバットピアノなど、
相談や見積もりを一括で行ってくれるサービスがあるので、
必要に応じてそのようなところを利用してみるのもいいかもしれませんね。

 

ピアノの無料一括査定≪ズバット ピアノ買取比較≫

 

 

このページの先頭へ
キム・ジ ョンウン