MENU

ピアノの買取で多発するトラブル!未然に防ぐには?

ピアノ買取で多いトラブルといえば『査定関係』、『金銭関係』、『運び出し』、『催促・勧誘』などです。
それぞれどういったケースなのか?また防ぐにはどうしたらいいのかを確認していきましょう。

 

査定・金銭関係

事前の査定額よりも大幅な減額

事前に知らされていた査定額よりも、実際に支払われる金額が低い場合です。

 

ピアノの買取では基本的に事前に通知されていた金額が支払われるのですが、
業者によっては『ピアノに傷がある』、『保存状態が悪い』、『調律がしっかりしていない』など、
あらゆるイチャモンを付けて買取金額を下げてくる場合があります。

 

よほどヒドイ状態のピアノでない限り査定額の減額はされないので、
そういった業者に当たってしまった時は丁重に断る方がよさそうです。
また、未然に防ぐ手段として問い合わせた段階で査定後の減額はあるのか確認しておくと良いでしょう。

 

これが優良企業になると『査定金額から減額しない』というところもあるので、
選ぶならそういったところを選ぶ方がいいですよね。

 

 

買取相場より安く買われる

多くの人は1社にしか頼まないので買取相場よりも安く買い叩かれる場合があります。

 

トラブルに発展するケースは、
偶然にも他のサイトを見ていると先日売ったピアノが倍以上の価格で買取してあった時などです。

 

このような時は詐欺だ!と感じてしまい感情的になってしまう方が多いのですが、
もちろん請求しても一度手放したピアノは戻ってきませんし、
そもそも相場を調べないで売ってしまったあなたに責任があるといえます。

 

やはり買取業者に買い叩かれないためにも何社かに見積もりを依頼して比較するようにしましょう。

 

 

引き取り・運び出し

運び出すときに家具や壁などを傷つけられる

多くはピアノ買取をしていないリサイクルショップでこのようなトラブルが多いのですが、
運び出しのマニュアルがしっかりとしていない買取業者でも起こることがあります。

 

ピアノの引き取りが決まったら、
どのように運び出しを行うのか?人員は?家具や壁などを傷つけない方法などをしっかりと段取りを組み、
万が一傷ついても証拠として残るようにデジカメやスマホなどで鮮明な写真を撮っておくと良いでしょう。

 

搬出・出張費用を請求される

査定額(買取額)には搬出や出張にかかる費用は含まれているので、
請求されることはありませんし、
仮に費用がかかる場合にはどうしてかかるのか理由を明確にしてもらえます。

 

しかし、中には事前に知らされることなく、
査定に来たので出張料、運び出すのにお金がかかるので搬出料などを請求してくる業者がいます。

 

このような買取業者を避けるには事前にサイトの確認、
また、引き取り前には搬出代や出張代の有無をチェックしておく方が安心でしょう。

 

キャンセル後

しつこい勧誘や催促がくる

ピアノの査定額に納得いかなかった場合キャンセルすることになりますが、
その後にも買取業者から『ピアノを売ってくれないか?』などの勧誘や催促の電話がなる場合です。

 

1回程度ならまだしも、ハッキリ断っても何度もしつこく電話がかかってくるようでしたら、
消費者生活センターに相談するか、その旨を伝えてましょう。

 

『特定商取引法』の法改正があり厳しくなっており、
一度断られた相手に対し勧誘をしてはいけないという決まりが出来ているので、
これに違反すると業務停止命令などを受ける場合があるので効果が高いです。

 

 

とはいえ、これらのトラブルを未然に防ぐ一番の近道は優良企業に買取を依頼することです。

このページの先頭へ
キム・ジ ョンウン