MENU

事前にチェック!ピアノを買取査定してもらう時の手順!

ピアノの買取査定などは一生の内に何度も依頼する機会がなく不安になる方もいらっしゃるでしょうから、
買取依頼や査定、また業者が引き取り、金銭の授受などどのような流れで行われるのか確認しておきましょう。

 

 

ピアノ買取査定の手順
メーカーと製造番号の確認

ピアノのメーカーや機種、製造番号、ペダルの本数、ピアノの色、傷や出ない音がないかなど査定に関する必要な事項を確認しておきます。

 

ピアノの製造番号が分かれば業者は製造年など分かるのでここだけは必ずチェックしておく必要があるのですが、
場所がややこしいので自分で見つけれない場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

買取業者を選ぶ

CMを流しているところから、チラシ広告で宣伝しているようなところまで多数あるので、
あなたが目ぼしいところからピアノ買取業者を選ぶことになるのですが、
できるだけ複数社に依頼すると買取金額もそれだけ期待できます。

 

一社だけの依頼で相場を知らない状態ですと、
比較できないので査定で出された金額が低い場合でもうかがい知ることができません。

 

ですので、必要に応じて無料の一括買取比較などを利用するよと良いでしょう。

 

 

見積もりを取る

ポイント@で調べたメーカーや製造番号、傷などのピアノの状態を細かく伝えておくことで、
ブレのない正確な見積もりを取ることができます。

 

一括査定を利用している場合は何社も見積もりがくるので、
買取金額や運搬費用、また業者によって買取額の減額をしないなどの特約的なものがあったりするので、
そういった条件を吟味しながら買取業者を選ぶます。

 

 

買取日の予約

見積もりを取ってみて提示された金額や条件で納得いく買取業者が見つかれば買取日の予約を入れます。

 

ピアノの運びだしは設置場所によっては時間がかかってしまうことがあるので、
出来るだけ1日空いている日を選ぶようにした方がいいでしょう。

 

ちなみに見積もり金額で納得いかなかった場合は、買取自体をキャンセルすることもできます。
こちらに関してはキャンセル料など必要ありません。

 

 

ピアノの引き取り

あなたが指定した日に業者がピアノを引き取りに来ます。

 

ピアノの運び出しは部屋を傷つけないように梱包をして行うので、安心してください。
また、ピアノを置いてある部屋を増改築などをして、
明らかにピアノが出せないような場合はピアノを解体して運び出すのでこちらも心配はないようです。

 

その他、必要に応じてクレーン車などで吊り上げて搬出する場合もあります。

 

選んだ買取業者次第ですが、
運びだしの費用は買取査定代に含まれていることがほとんどですので、
余計な出費が新たにかかることはありません。

 

 

代金の受け取り

代金の受け取り方法には2種類あり、
ピアノの引き取り時に現金で支払われるパターンと、
業者にピアノが付いた時点で銀行振込されるパターンです。

 

傾向としては買取金額が高額になったピアノは銀行振込になるケースが多いようですが、
引き取り時に受け取りたい場合は依頼した買取業者に相談することで、ある程度の融通はきかせてもらえます。

 

以上でピアノ買取の流れは終わりです、お疲れ様でした。

 

手順まとめ
  1. メーカーと製造番号の確認
  2. 買取業者を選ぶ
  3. 見積もりを取る
  4. 買取日の予約
  5. ピアノの引き取り
  6. 代金の受け取り

 

 

ピアノ買取の手順の中で一番大事なのが買取業者の選定です。

 

選定というよりは、何社もお願いして自分の条件に合う、
または買取金額が高いところを選ぶようにするといいのですが、
この作業が結構面倒だったりするので、時間がない人は一括査定を利用すると良いでしょう。

 

一括査定してくれるところは何社かありますが、
利用者数が一番多いのはズバットピアノというところで、
累計で18万人以上がこちらで査定してもらっているようです。

 

また、買取業者数も25社と圧倒的に多いので、
複数社で買取比較をする場合には、1社ずつ自分でお願いするよりも一括で査定してもらう方がいいかもしれませんね。

 

▲▲▲ ピアノの無料一括査定≪ズバットピアノ買取比較≫ ▲▲▲

 

 

このページの先頭へ
キム・ジ ョンウン