MENU

中古ピアノの処分にかかる費用は?

子供弾かなくなったから、引っ越し代の負担を減らす為などの理由で
中古ピアノを処分することがあると思いますが、問題なのはその処分にかかる費用です。

 

中古ピアノを処分するにはいくらぐらいかかるのか見て行きましょう。

 

≪自治体の粗大ゴミ≫

 

住んでいる自治体の粗大ゴミでは電子ピアノやオルガンなどの場合でしたら、
数千円〜支払うことでで引き取ってもらうことができます。

 

しかし、グランドピアノやアップライトピアノはほとんどの自治体では処分はできないようです。
また、電子ピアノなどの椅子は別料金で金額を請求されます。

 

 

≪不用品回収≫

 

ポストに入っているチラシ広告やインターネットで
『ピアノ 回収 ○○市』と検索すると不用品回収業者やリサイクル業者がヒットします。

 

こちらは基本的に無料での引き取りですが、
部屋からの搬出の金額やピアノを運搬する大型トラック代などは、
別料金で取られることがほとんどなので数万円は費用がかかる場合もあります。

 

 

≪ピアノ買取業者≫

 

ピアノ買取業者ですと年代が古いのや傷が付いているピアノでも金額を付けてくれる所がほとんどです。

 

市役所は処分するだけ、不用品回収はリサイクルとして店先などに売りに出すだけですが、
ピアノ買取業者の場合は販路が広く、東南アジアなど発展途上国までツテがあるので、
その分、価値が付くピアノの範囲が広いと言えます。

 

また、価値がなく金額が付かないような中古ピアノでも無料で引き取りはしてくれることがあるので、
一番費用をかけずに処分してくれる方法を選ぶなら買取業者に依頼するのが良いかもしれません。

 

ただ、1社だけの買取業者に依頼すると『買取不可』や『処分費用の請求』など、
悪質な業者に引っ掛かる場合があるので、
同じ条件で何社かに見積もり査定をお願いすると良いでしょう。

 

こちらに関してはズバットピアノなど、
一度の依頼で複数社に一括で査定するサービスなどあるので、
必要に応じで利用するといいかもしれませんね。

 

▲▲▲ ピアノの無料一括査定≪ズバット ピアノ買取比較≫ ▲▲▲

 

このページの先頭へ
キム・ジ ョンウン