MENU

古くなったピアノの処分方法≪3選≫

弾かなくなってしまった時間経っているピアノ、
昔譲り受けたままインテリアとして置いてあるピアノ、引っ越しを期に新しいのに買い替える予定…などなど
古くなったピアノの処分を考えるタイミングは人それぞれですが、

 

このような時にどこにどう処分すればいいのか?また、そもそも古くなったピアノの処分は出来るのか?を
この記事でまとめているので確認していきましょう。

 

 

市役所で処分

あなたが住んでいる地方自治体には市役所内に『ゴミの処理課』というものが存在します。
こちらでは粗大ごみや大型ごみなど家から出るゴミの総合窓口になっているので問い合わせてみると良いでしょう。

 

ゴミの分別などもですが、地方自治体によって処分できるもの、そうでないものが異なるので
ハッキリとしたことは言えないのですが、一般的にピアノなどの処分は難しいところが多いようです。

 

ただ、電子ピアノやエレクトーンなど少し小さい物は引き取り費用を払うことで、処分することはできる自治体が多いようです。

 

 

不用品回収で処分

たまにスピーカーを鳴らしながら不用品回収の巡回車いるのを見かけたり、広告に不要品回収のチラシが入っていたりしますが、
こちらでも回収業者によってはグランドピアノやアップライトピアノなど大型の物まで回収してもらうことは可能です。

 

問題は基本的に回収費用は無料を謳っているところも、
大型の物は回収費用を取られてしまったりしますし、
その他にもトラックやクレーンなどの特殊車両の運搬費用や、
部屋から運び出す際の搬出費用など数万円かかってしまうことが一般的です。

 

 

ピアノ買取業者で処分

ピアノ買取のCMをやっていたり、インターネット検索で『ピアノ 買取』や『ピアノ 処分』などで検索するとたくさんのピアノ買取業者が出てきます。

 

そのような方法で古くなったピアノの処分する買取業者を選ぶのもいいですが、
注意点として中には査定後の買取価格を大幅に下げる業者や、
運搬費用をいきなり請求してくるような悪質な買取業者が混じっていることがあります。

 

最近ではこのような業者は減ってきていますが、
万が一に外れクジを引いてしまうと大きなトラブルにまで発展する可能性があるので、
そうした問題を最初から除外するために、優良なピアノ買取業者だけを集めたサイトなどを利用するのがおススメです。

 

ズバット ピアノ買取比較では、複数の買取業者が参入し、一括で買取価格を比較できるのですが、このサイト内に登録できるのはズバットピアノの審査基準を満たした優良の買取業者だけになっています。

 

また、ピアノ一社だけの査定ではピアノの本当の価値は見えてこないので、
どうせならより高く値段で引き取って欲しいという方も買取比較を利用する方がいいでしょう。

 

▲▲▲ ピアノの無料一括査定≪ズバットピアノ買取比較≫ ▲▲▲

 

このページの先頭へ
キム・ジ ョンウン