MENU

【ピアノブランド】ヤマハとカワイしか高額買取は不可能!?

ヤマハとカワイで日本のほぼすべてのピアノのシェアを取っており、
国内のその他のブランドメーカーのディアパソン(現在は河合の子会社)、東洋ピアノ、クロイツェルなどは少数派になっており、買取時には需要がないようにも思えます。

 

ピアノの買取サイトなどを見ると選択項目にヤマハとカワイはありますが、
その他のブランドは情報はほとんど記載していないので、
買取対象になるのか?また、高額査定を付けてもらえるのか不安になります。

 

それでは、ピアノはヤマハとカワイしか高額買取が出来ないのかについて答えていきます。

 

日本国内だけ再販する業者

上にも書いた通りに日本国内のほとんどシェアはヤマハとカワイになっています。

 

ですのそれ以外のブランドである中古ピアノは日本国内での需要は低く、
なかなか買い手が付かないことから
ピアノ買取業者としては価値を付けるのを出し渋るところもあり、
高額での買取という面から見ると少し厳しいようです。

 

ちなみに日本国内だけで再販する業者とは、
近所のリサイクルショップであったり、一部のピアノ屋や買取業者がそれに当たります。

 

海外にも再販するルートを持っている業者

家電製品や車などもそうですが、
やはりメイドインジャパンというブランドは海外から非常に人気が高くピアノも例外ではありません。

 

ヨーロッパなどの一部地域もそうですが、
最近ですと東南アジアなどから練習用や学校のピアノとして愛用されており、
その中でも特に日本製のピアノは壊れにくいと評価が高いようです。

 

ですので、ヤマハやカワイ以外の中古ピアノ高額で買取してもらう場合は
再販先が海外にもルートを持っているところを選ぶ必要があります。

 

再販先が海外にもあるピアノ買取業者

大手のピアノ買取業者ですと海外にルートを持っていることがありますが、
海外といってもヨーロッパ、東アジア、東南アジアと様々な地域があるので、
そういったところを1社ですべてのルートを持っているところはありません。

 

ですので、大手の買取業者1社だけに依頼するのではなく、
複数社に依頼し、様々な海外ルートで比較できるようにすることで、
どのようなブランドピアノでも高額買取に繋がり易くなります。

 

ズバットピアノ買取比較というサイトは、
国内、海外に再販ルートを持っている買取業者からの査定を、
一度依頼するだけで複数社から受けれるので、
有名ブランド以外のピアノを高く売ろうと思うなら利用しても良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ
キム・ジ ョンウン